第19話 Les brigands attaquent (盗賊団の襲来)

赤い帽子 ブログ運営

アニメ、『シンデレラ物語』第19話のあらすじです。

うわさを広めるまま母

娘2人の帽子を買おうと、公爵夫人が帽子屋にやってきました。店にいたほかのご婦人たちに、公爵夫人は、自分の娘は、シャルル王子の有力なお妃候補だと告げます。

この話はまたたく間に街のうわさになり、ザラール公爵の耳にも入ります。

自分の娘、イザベルと王子を結婚させたいザラールは、この話を封じ込めるために、手下の盗賊団を、公爵夫人の家(つまりサンドリヨンの家)に送り込み、夫人たちを街から追い出そうします。

以下に、もっと詳しいあらすじを書きます。

帽子屋にて

ある日、公爵夫人は、愛猫ミーシャを連れて、帽子屋を訪れました。娘2人の帽子を選んでいると、よその奥さん2人が、おしゃべりに花を咲かせています。

なんとかして、娘のどちらかを王子と結婚させたい公爵夫人は、既成事実を作ることにしました。

公爵夫人「この話、内密にしていただきたいのですが、うちの娘は、お妃の有力候補なんですの」

奥さんたち「あら、いま、そうおっしゃる方ばかりですわよ」

公爵夫人「うちは、よそ様とは違いますわ。なんといっても、ザラール公爵の後ろ盾があるのですから」

帽子屋

仕事が増えるサンドリヨン

うわさはあっと言う間に街中に広がり、サンドリヨンの家に、洋服屋や宝石屋など、たくさんの職人が押しかけてきました。

嫁入り準備の注文を取りにきたのです。

結婚も決まっていないのに、公爵夫人は支度を始めます。

夫人はマリアージュの準備に必要な事柄をリストにして、「すべて準備しろ」とサンドリヨンに渡しました。

「まだ正式に決まっていないのに、準備しろと言われても」。サンドリヨンはとまどい、夜遅くまでどうしようか考えていると、玄関のほうで物音がします。

盗賊団がやってきた

ホールに出てみると、覆面をした、がらの悪い男たちが、花瓶やら何やらをこわしています。

「今夜はこのへんにしておいてやろう。いいか、この街から出ていけ。さもないと、またやってくるぞ!」

こう言い置いて、盗賊団は出ていきました。

実はこの盗賊団はザラールの手下です。

自分の娘イザベルと王子を結婚させたいザラールは、公爵夫人たちを脅して、街から追い出そうと思ったのです。

シャルルに剣術を教わるサンドリヨン

盗賊団の脅しに屈しない公爵夫人は、サンドリヨンに、翌日からピエール(御者)と一緒に、寝ずに家の番をするようにいいます。

サンドリヨン「え、一晩中、寝ないで、ですか?」

夫人「だってしょうがないでしょう。カトリーヌとジャンヌは、王子さまと結婚することになっているんですもの」

翌日、夫人の言いつけで大量の鍵を買いに出たサンドリヨンは、偶然出会ったシャルルに、剣術を教えてくれるように頼みます。

盗賊団から家族を守るためです。しかし、やってみると、剣術はそう簡単ではありません。

剣術の練習
棒きれで剣術の訓練。

「自分とピエール(かなり高齢)と動物たちで守る」とサンドリヨンが言うので、シャルルは、協力を申し出ました。

番をするシャルル

その晩、シャルルは、サンドリヨンの家の前で見張っていましたが、盗賊団はやってきませんでした。

徹夜したシャルルは、翌日、お城で寝てばかり。

一晩中、帰ってこなかったシャルルに、側近アレックスは、まるで母親のように小言を言います。

しかし、シャルルは半分寝ていて、反応が鈍い。

アレックス「それで、盗賊団は、来たんですか?」

シャルル「(むにゃむにゃ)いや、現れなかった。たぶん今夜あたりやってくるだろう(むにゃむにゃ)」

アレックス「え? 今夜ってまた行くんですか? 今夜は大事な晩餐会があるじゃないですか。外出してはなりません」

その夜、アレックスは、王子が外に行かないように、シャルルにぴったりくっついて、見張っていました。

しかし、夜もだいぶふけてから、トイレに行ったすきに、シャルルは城を脱出します。

シャルル登場

サンドリヨンとピエール、動物たちが家を守っていると、盗賊団はやってきました。

ビギナーズラックのせいか、最初はサンドリヨンたちのほうが優勢でしたが、相手はプロの盗賊。

次第に追い詰められます。

盗賊「この街から出ていけ! さもないと…」

夫人「それはできないわ。だって、娘は王子さまと結婚するのですから」

盗賊「結婚、結婚って、それがそもそも問題なんだ。言うことを聞かないならこうするまでだ!」

盗賊が剣をふりかざしたその時、シャルルがやってきました。

シャルル「僕が相手だ!」

盗賊の正体

シャルルは強いので、どんどん盗賊をやっつけます。

剣で、リーダー各の覆面をしゅっと切ったら、見覚えのある顔が出てきました。第9話で、サンドリヨンを連れ去った男です。

「あいつは、あの時の…。どういうことだ? これはザラールの陰謀と関係があるのか?」

盗賊は逃げましたが、たいまつを放り投げたので、火事になりました。

大きな火の手があがっているのを外から見たマダム・ポーレットは、魔法で火を消します。

マダム・ポーレットは、サンドリヨンを見守るために、しばしば、夜間にこの家の外に立っています。

いきなり火事がおさまりましたが、そのことを特に不思議がる様子もなく、サンドリヨンとシャルルは無事を喜び合います。

シャルルとサンドリヨン

しっぽに火がついたミーシャを、ベルース(犬)やネズミが手当をしているのを見たマダム・ポーレットは、ミーシャに魔法をかけてしゃべれるようにします。

ミーシャ「ありがとう」

ほかの動物「え、きみも、しゃべれるの?」

一方、公爵夫人は、「どんな妨害にも屈しない、必ず、娘を王子と結婚させる」と夜空にむかって檄を飛ばすのでした。

強引すぎる夫人と手荒すぎるザラール

帽子屋で、あることないこと、うわさをまき散らす公爵夫人は、本当に困った人です。

自分の軽率な言動が発端で盗賊が来たのに、サンドリヨンに寝ずに番をしろと言うなんて、まったく周りが見えていません。

しかし、もっとわからないのは、ザラール公爵です。

ただのうわさなら、放置しておけばいいだけです。

それなのに、手下を公爵夫人の家にさしむけて脅すなんて。

リソース(手下の労力)の無駄遣いにもほどがあります。

でも、こういうよくわからない行動をする人って、現実にもいますね。人間は、合理的な行動をするとは限りません。

というより、非合理な行動をするほうが多いものです。

トランプ大統領を見ていて、よくそう思います。

今回、シャルルとサンドリヨンの仲が一段回、深まりました。ミーシャとほかの動物たちも仲良くなりました。

結局、公爵夫人は、サンドリヨンとシャルルの絆をどんどん強くしてしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました