ジェーン・エア

美女と野獣

ジェイン・エア(1996)の感想。

ジェーン・エアの映画、今回は1996年の『ジェイン・エア』を見ましたのレビューを書きます。原作の小説のタイトルは、Wikipediaでの記述が『ジェーン・エア』なので、私はいつもそう書いていますが、この映画は、Amazonでも、Wikip...
美女と野獣

ジェーン・エア(2011)の感想。

ジェーン・エアの映像化作品としてはもっとも新しい、2011年の映画、Jane Eyreを見ました。 この映画、メディアや新聞のレビューサイトでは高評価ですが、penの評価は低いです。まあ、私がどう評価しようと、世の中の流れはいっさい...
美女と野獣

ジェーン・エア(2006、BBCミニシリーズ)の感想。

シャーロット・ブロンテの小説、Jane Eyreのドラマの感想です。今回は、BBCが制作した2006年のミニシリーズです。 セリフは原作とはずいぶん違うし、「いや、ジェーン・エアはそんなことは絶対しない」と思うシーンがありますが、主...
美女と野獣

ジェーン・エア(1983 BBC ミニシリーズ)の感想。

ジェーン・エアのアダプテーション(映像)の1作めのレビューは、1983年のBBCのドラマです。ひじょうに原作に忠実なので、原作にそった映像化が好きな人にはおすすめです。ロチェスターを演じた、ティモシー・ダルトンの熱演が光っています。 ...
美女と野獣

ジェーン・エア(シャーロット・ブロンテ著、1847)のあらすじ。

ビクトリア時代の英国で書かれた、ひじょうに有名な長編小説、ジェーン・エアのあらすじを紹介します。 この小説は、名作であり、いろいろな読み方ができます。が、プロットだけを取り出すと、フェアリーテールなので、今回取り上げてみました。 ...
タイトルとURLをコピーしました