美女と野獣

美女と野獣

ジェイン・エア(1996)の感想。

ジェーン・エアの映画、今回は1996年の『ジェイン・エア』を見ましたのレビューを書きます。原作の小説のタイトルは、Wikipediaでの記述が『ジェーン・エア』なので、私はいつもそう書いていますが、この映画は、Amazonでも、Wikip...
美女と野獣

ジェーン・エア(2011)の感想。

ジェーン・エアの映像化作品としてはもっとも新しい、2011年の映画、Jane Eyreを見ました。 この映画、メディアや新聞のレビューサイトでは高評価ですが、penの評価は低いです。まあ、私がどう評価しようと、世の中の流れはいっさい...
美女と野獣

ジェーン・エア(2006、BBCミニシリーズ)の感想。

シャーロット・ブロンテの小説、Jane Eyreのドラマの感想です。今回は、BBCが制作した2006年のミニシリーズです。 セリフは原作とはずいぶん違うし、「いや、ジェーン・エアはそんなことは絶対しない」と思うシーンがありますが、主...
美女と野獣

歌って舞うヒバリ(グリム兄弟、1857)のあらすじ。

グリム童話から、『美女と野獣』(というよりも、『クピドとプシュケ』)によく似ている童話を紹介します。原題は、 Das singende springende Löweneckerchen 英語のタイトルは、The Singing, Spr...
美女と野獣

ジェーン・エア(1983 BBC ミニシリーズ)の感想。

ジェーン・エアのアダプテーション(映像)の1作めのレビューは、1983年のBBCのドラマです。ひじょうに原作に忠実なので、原作にそった映像化が好きな人にはおすすめです。ロチェスターを演じた、ティモシー・ダルトンの熱演が光っています。 ...
美女と野獣

太陽の東 月の西(ノルウェーの民話)のあらすじ。

ノルウエーの伝承話から、『太陽の東 月の西』という物語のあらすじを紹介します。 この話は、『美女と野獣』のバリエーション、すなわち、『クピドとプシュケ』に類する話です。童話としては長いので、大幅に簡略化して、一記事にまとめます。 ...
美女と野獣

ジェーン・エア(シャーロット・ブロンテ著、1847)のあらすじ。

ビクトリア時代の英国で書かれた、ひじょうに有名な長編小説、ジェーン・エアのあらすじを紹介します。 この小説は、名作であり、いろいろな読み方ができます。が、プロットだけを取り出すと、フェアリーテールなので、今回取り上げてみました。 ...
美女と野獣

美女と野獣(1991,ディズニーアニメ)より『朝の風景』(Belle)の訳詞。

1991年のディズニーのアニメーション映画、Beauty and the Beastより、一番最初に出てくる、Belleという曲を訳します。 Wikipediaによると、日本語のタイトルは、『朝の風景』です。フランス語版では、Bon...
美女と野獣

フェアリーテール・シアターの『美女と野獣』(1984)の感想。

童話の実写ドラマを放映していたアメリカのテレビ番組、フェアリーテール・シアター( Faerie Tale Theatre )から『美女と野獣』を見ました。まあまあのできですが、あまりにもコクトーの作品にそっくりなので、もう少しオリジナリテ...
美女と野獣

美女と野獣(キャノン・ムービー・テールズ、1987)の感想。

1980年代に、キャノン・フィルムズという会社が作っていた、童話の実写版映画シリーズ、キャノン・ムービー・テールズから、『美女と野獣』を見てみました。 美女と野獣、予告編(1分46秒) 作品情報 監督:ユージ...
タイトルとURLをコピーしました