アンデルセン童話

アンデルセン童話

人魚姫(アンデルセン、1837)のあらすじ、後編。

アンデルセン童話、『人魚姫』のあらすじ、後編です。 おばあさんとの会話、続き。 人魚姫:「私が不滅の魂をもつ方法は何もないの?」 おばあさん:「ないよ。人間の男がお前を誰よりも、何よりも愛して、牧師の前で、変わらぬ愛を誓...
アンデルセン童話

人魚姫(アンデルセン、1837)のあらすじ、前編。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話から、とても有名な『人魚姫』のあらすじを紹介します。オリジナルのタイトルは、Den lille havfrue、英語は、The little mermaid フランス語はLa Petite Sirè...
アンデルセン童話

親指姫(アンデルセン、1835)のあらすじ。

アンデルセン童話からとても有名な『親指姫』のあらすじを紹介します。デンマーク語のタイトルは、Tommelise、英語のタイトルは、Thumbelina (サンベリーナ)です。 簡単な要約 忙しい人向け1行サマリー:花から生まれ...
アンデルセン童話

小夜啼鳥/さよなきどり/ナイチンゲール (アンデルセン、1843)のあらすじ。

アンデルセンの創作童話から、小夜啼鳥(さよなきどり、ナイチンゲール)のあらすじを紹介します。 デンマーク語のタイトルは、 Nattergalen 英語のタイトルは、The Nightingaleです。 簡単な要約 忙し...
アンデルセン童話

雪の女王(アンデルセン、1844)のあらすじ。

アンデルセン童話から、『雪の女王』、デンマーク語:Snedronningen、英語:The snow queen のあらすじを紹介します。この話は童話にしては長く、小説といったほうがいい物語で、7つの物語からできています。 雪の女王...
アンデルセン童話

赤い靴(アンデルセン、1845)のあらすじ。

アンデルセン童話から、有名な『赤い靴』のあらすじを紹介します。オリジナルのデンマーク語では、De røde Sko、英語では The red shoes です。 超簡単な要約 忙しい人のための1行サマリー:赤い靴に魅入られた少...
アンデルセン童話

火打ち箱(アンデルセン、1835)のあらすじと感想。

アンデルセンがはじめて出した童話集の一番最初の話、『火打ち箱』のあらすじを紹介します。デンマーク語では、Fyrtøiet、英語は The tinderbox(tinder-box)。 tinderboxは、火をつけるための道具です。 ...
アンデルセン童話

裸の王さま(アンデルセン、1837)のあらすじ。

アンデルセン童話から、『裸の王さま』のあらすじを紹介します。デンマーク語のタイトルは、Kejserens nye klæder で、これはGoogleの翻訳によれば、「皇帝の新しい服」です。英語のタイトルは、そのまま、The Empero...
アンデルセン童話

エンドウ豆の上に寝たお姫さま(アンデルセン、1835)のあらすじ。

デンマークの童話作家のハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805-1875)の本、『 子どものための童話集、 第1冊』に収録されている、『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』のあらすじを紹介します。 原文はデンマーク語で、読めないので英...
タイトルとURLをコピーしました