ジェイン・エア(1996)の感想。

ダービーシャー 美女と野獣

ジェーン・エアの映画、今回は1996年の『ジェイン・エア』を見ましたのレビューを書きます。原作の小説のタイトルは、Wikipediaでの記述が『ジェーン・エア』なので、私はいつもそう書いていますが、この映画は、Amazonでも、Wikipediaでも『ジェイン・エア』です。

表記、統一してほしいですが、まあ仕方がないかもしれません。JaneのAは二重母音なので、ジェインと書いたほうが英語に近いといえば近いです。

日本のAmazonのレビューでは、高評価ですが、私は、あまり好きではありません。

作品情報

  • 監督:フランコ・ゼフィレッリ
  • 製作:フランス、イギリス、イタリア、アメリカ
  • 主演:シャルロット・ゲンズブール(ジェイン)、ウィリアム・ハート(ロチェスター)アンナ・パキン(ジェイン、子供時代)
  • 上映時間:116分
  • 原作:ジェーン・エア/シャーロット・ブロンテ
  • 有名監督を起用し文芸大作を狙ったものと思われます。

予告編(3分)

Jane Eyre (1996) Official Trailer # 1 – William Hurt HD

見どころ・聞きどころ

音楽

この映画で一番いいと思ったのは音楽です。予告編の音楽はさほどでもないですが、本編では、とても美しい音楽が流れます。音楽の担当は、Claudio CapponiとAlessio Vladという人で、名前から察するにイタリアの方のようです。

サントラがSportifyにあるので、時々聞いています。

ハッドン・ホール

次にいいと思ったのが景色というか、シネマトグラフィーというか、美しく静かな映像です。ロチェスターの邸宅は、イギリスのマナーハウス(荘園領主のお屋敷)である、ハッドン・ホール(Haddon Hall)でロケーションしていて、庭をふくめ、雰囲気を盛り上げています。

実はこのお屋敷は、2006年のBBCのミニ・シリーズのジェーン・エアでも、2011年の映画のジェーン・エアでも使われております。

ハッドン・ホール、紹介動画(5分)

Walk Through Time – Haddon Hall – by Valerie Leftwich

子ども時代のジェイン

この映画、全部で2時間足らずですが、子ども時代の描写がわりと長かったです。ジェインを演じたのは、すでにこのとき、アカデミー賞助演女優賞を獲得していた、アンナ・パキン(当時14歳ぐらい)でさすがの存在感です。

気が強くて情熱的なジェインを演じていました。

不満なところ

風景や音楽はよいですが、肝心の映画は、物足りません。原作を読んでいないのであれば、感動するかもしれませんが、原作を知っていると、「ジェイン・エアのスピリットが感じられない」と思うのではないでしょうか?

たしかにこの小説の軸は、ジェインとロチェスターのラブ・ストーリーですが、ほかにもいろいろな要素があります。しかし、映画になると、恋愛にしか焦点があたりません。それはいいとしても、それなら、もうちょっと、恋愛しているふうに描いてほしいものです。

主役の2人

ジェイン・エアにおいて最も重要な人物は、ジェインとロチェスターですが、両方とも、好きになれませんでした。役者としては、2人とも嫌いではありませんが。

ウィリアム・ハートは演技派なので、そつなく演じていますが、暗くて内省的なロチェスターです。ロチェスターはもっとおちゃめなところや、はじけたところがあったほうがいいです。

シャルロット・ゲンズブールは、私にとっては、フランスの女優なので、最初、「あ、この人、英語もしゃべれるんだ、ってか、ジェーン・エア?」と思いました。

考えてみれば、シャルロット・ゲンズブールの母親はイギリス人(ジェーン・バーキン)だから、英語もしゃべれるだろうし、いまは、ニューヨークに移住していますから、べつにジェインをやってもいいのですが、かげろうみたいなジェインで、情熱が感じられません。

アンナ・パキンの演じたジェインは、情熱的なのに、大人(18歳)になると、いきなり、生気がなくなるなんて変です。「妖精みたい」と言えば、そう言えるし、声もそんな感じなので、透明感のあるジェインではあります。

それにしても、セリフが棒読みだし、演技しなさすぎです。これはきっと演出のせいでしょう。

それと、この2人、とても深く愛し合っている恋人には見えません。1度目のプロポーズで、ロチェスターが、ジェインを抱きしめ、「ジェイン、そんなふうに暴れるんじゃない、まるで自分の羽を、死に物ぐるいで、引きちぎっている小鳥のようだ」という場面があります。

原文:“Jane, be still; don’t struggle so, like a wild frantic bird that is rending its own plumage in its desperation.” 

この映画にももちろん、プロポーズのシーンがあって、ロチェスターが似たようなことを言いますが、そのとき、ジェインは全然もがいていません(暴れ方が足りない)。

プロポーズシーン(5分)

Jane Eyre

いつもこんな感じで、感情表現が希薄です。結婚式で、邪魔が入ったときも、原作では、ロチェスターは、ずっとジェインの手をがしっと握ったまま離さないのに、この映画では、1人でさっさと家に帰ってしまいます。

シナリオ

600ページちかくある小説を2時間の映画にするには、いろいろカットする必要がでてきますが、この映画では、かなり筋を変えています。一番変なのは、おばさんが病気になったのを聞いて、ジェインがゲーツヘッドに戻ると、なぜかそこにシン・ジンがいることです。

は? これはいったい? 妹のメアリーもいます。シン・ジンはおばさんの世話役か、弁護士みたいな役割をしている雰囲気です。

おばさんがあっさり死んだあと、ジェインはソーンフィールドに戻って、ロチェスターのプロポーズがあり、結婚式ですが、この結婚がご破算になり、すぐにジェインはソーンフィールドを出て、その直後、バーサ(ロチェスターの妻)が、家に火をつけます。

結婚式のあたりで残り30分だったので、どういう筋運びをするのかと思っていたら、宣教師としてのシン・ジンとのやりとりはほぼカットして、結婚式、ジェインの出奔、火事をほぼ同時進行する荒業でした。

う~ん。

そんなわけで、主役の2人やシナリオにちょっと(かなり)不満を感じます。

まだ1回しか見ていませんが、ラブシーン見ててもぜんぜんどきどきしないし、ロチェスターとジェインがいちゃつくシーンもないし(原作では、けっこういちゃついています。あくまでもビクトリア時代の流儀にそっていますが)、ロチェスターもジェインも暗すぎるので、すぐにもう1回、見たいとも思いません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました