美女と野獣(1991,ディズニーアニメ)より『朝の風景』(Belle)の訳詞。

朝の風景 美女と野獣

1991年のディズニーのアニメーション映画、Beauty and the Beastより、一番最初に出てくる、Belleという曲を訳します。

Wikipediaによると、日本語のタイトルは、『朝の風景』です。フランス語版では、Bonjour というタイトルです。

ベルが住んでいる小さな街の朝の様子を見せながら、ベルがどんな女の子なのか、ガストンはどんな人なのか、街の人はベルをどう思っているのか(変わり者だと思っている)わかります。

Belle、動画

Belle Little Town Beauty and the Beast 1991

作詞:ハワード・アッシュマン 作曲:アラン・メンケン
歌:ページ・オハラ(ベル)、リチャード・ホワイト(ガストン)

ディズニーのチャンネルにシングアロング動画があるのですが、なぜか貸本屋のシーンでセリフがカットされているので、画像は今ひとつですが、全部入っているこちらの動画を選びました。

Belle、歌詞

Belle:
Little town,
It’s a quiet village.
Every day,
Like the one before.
Little town,
Full of little people,
Waking up to say…

Aristocratic Lady:
Bonjour!

Fish Man:
Bonjour!

Egg Man:
Bonjour!

Sausage Curl Girl:
Bonjour!

Baker:
Bonjour!

Belle:
There goes the Baker with his tray like always,
The same old bread and rolls to sell.
Every morning just the same
Since the morning that we came
To this poor provincial town.

Baker (speaking)
Good morning Belle!

Belle (speaking):
Morning, monsieur.

Baker (speaking):
Where you off to?

Belle (speaking):
The book shop. I just finished the most wonderful story about a beanstalk and an ogre and–

Baker (speaking, interrupting):
That’s nice. Marie! The baguettes! Hurry up!

Aristocratic Lady, Lady with Cane:
Look there she goes,
The girl is strange, no question,
Dazed and distracted,
Can’t you tell?

Lady with Baby, Sausage Curl Girl:
Never part of any crowd,

Candle Man, Fish Man:
‘Cause her head’s up on some cloud.

Some Villagers: No denying she’s a funny girl, that Belle.

Hat Seller (speaking):
Bonjour.

Sausage Curl Girl (speaking):
Good day.

Hat Seller (speaking):
How is your fam’ly?

Milkmaid (speaking):
Bonjour.

Shepherd Boy (speaking):
Good day.

Milkmaid (speaking):
How is your wife?

Lady with Cane (speaking):
I need six eggs!

Aristocratic Lady (speaking):
That’s too expensive.

Belle:
There must be more than this provincial life!

Bookseller (speaking):
Ah, Belle!

Belle (speaking):
Good morning. I’ve come to return the book I borrowed.

Bookseller (speaking):
Finished already?

Belle (speaking):
Oh, I couldn’t put it down. Have you got anything new?

Bookseller (speaking):
Not since yesterday.

Belle (speaking):
That’s alright. I’ll borrow this one!

Bookseller (speaking):
That one? But you’ve read it twice!

Belle (speaking):
Well it’s my favorite. Far-off places, daring sword fights, magic spells, a prince in disguise…

Bookseller (speaking):
If you like it all that much, it’s yours.

Belle (speaking):
But sir!

Bookseller (speaking):
I insist.

Belle (speaking):
Well, thank you. Thank you very much!

Villagers:
Look there she goes,
That girl is so peculiar.
I wonder if she’s feeling well.

Female Villagers:
With a dreamy, far-off look,

Male Villagers:
And her nose stuck in a book,

Villagers:
What a puzzle to the rest of us is Belle.

Belle:
Oh, isn’t this amazing?
It’s my favorite part because, you’ll see,
Here’s where she meets Prince Charming,
But she won’t discover that it’s him ‘til chapter three.

Aristocratic Lady:
Now, it’s no wonder that her name means beauty,
Her looks have got no parallel.

Hat Seller:
But behind that fair facade,
I”m afraid she’s rather odd.

Egg Man:
Very different from the rest of us,

More Villagers:
She’s nothing like the rest of us,

Villagers:
Yes, different from the rest of us is Belle.

Lefou (speaking):
You didn’t miss a shot, Gaston. You’re the greatest hunter in the whole world.

Gaston (speaking):
I know.

Lefou (speaking):
No beast alive stands a chance against you! And no girl, for that matter.

Gaston (speaking):
It’s true, Lefou, and I’ve got my sights set on that one.

Lefou (speaking):
The inventor’s daughter?

Gaston (speaking):
She’s the one. She’s the lucky girl I’m going to marry.

Lefou (speaking):
But she’s–

Gaston (speaking, interrupting):
The most beautiful girl in town.

Lefou (speaking):
I know, but–

Gaston (speaking, interrupting):
That makes her the best. And don’t I deserve the best?

Lefou (speaking):
Well, of course you do!

Gaston:
Right from the moment when I met her saw her,
I said she’s gorgeous and I fell.
Here in town there’s only she
Who is beautiful as me,
So I’m making plans to woo and marry Belle.

Bimbettes:
Look there he goes,
Isn’t he dreamy?
Monsieur Gaston!
Oh, he’s so cute!
Be still, my heart!
I’m hardly breathing!
He’s such a tall, dark, strong, and handsome brute.

Lady with Baby:
Bonjour!

Gaston:
Pardon.

Belle:
Good day.

Lady with Cane:
Mais-oui!

Aristocratic Lady:
You call this bacon?

Milkmaid:
What lovely grapes!

Baker:
Some cheese.

Lady with Cane:
Ten yards.

Fish Man:
One pound.

Gaston:
‘Scuse me!

Butcher:
I’ll get the knife.

Gaston:
Please let me through!

Lady with Baby:
Those fish…

Sausage Curl Girl:
This bread…

Lady with Baby:
They smell!

Sausage Curl Girl:
It’s stale!

Male Villagers:
Madame’s mistaken!

Female Villagers:
Well maybe so.

Belle:
There must be more than this provincial life!

Gaston:
Just watch, I’m going to make Belle my wife!

Villagers:
Look there she goes,
A girl who’s strange but special.
A most peculiar mad’moiselle.

Female Villagers:
It’s a pity and a sin.

Male Villagers:
She doesn’t quite fit in

Villagers:
‘Cause she really is a funny girl,
A beauty but a funny girl.
She really is a funny girl,
That Belle!

Bonjour! X6

歌詞の引用元⇒ Beauty and the Beast Soundtrack Lyrics

訳詞

小さな街、静かな村。
毎日、前の日と同じ
小さな街、小さな人でいっぱい
朝起きて、こう言うの

ボンジュールX5

パン屋さんがいつものようにトレイを持って行くわ
いつもと同じパンとロールを売るの
毎朝、本当に同じ
私たちがやってきた朝と
この小さな田舎の街にね

おはよう、ベル!
おはよう、おじさん。

どこに行くんだい?

(貸し)本屋へ。私、豆の木と人食い鬼のすばらしいお話を読んだところなの、それでね

そりゃあよかった。マリー! バゲットを、早く。

ごらん、あの娘が行くよ
あの娘は変わってる、間違いない
ぼーっとして気が散ってるわ
そう思わない?

ほかの人とは違うわね
だって、雲の上に頭がのっているんですもの

まちがいなく、奇妙な娘だよ、あのベルって子は

ボンジュール
おはよう
家族はどう?
ボンジュール
奥さんは元気?
卵を6つちょうだい
それは、高すぎだ

こんな田舎の暮らしよりもっとほかに何かあるはずよ

ああ、ベル

おはようございます。借りたこの本、返しにきました。

もう読んだの?

ええ、読むのが止まらなくて。何か新しいものあります?

きのうと同じだよ。

それでいいわ。この本、借ります。

それかい? でも、もう2度も読んでるんだろう。

ええ、私のお気に入りなのす。遠い遠いところで、剣の戦いがあって、魔法も、姿を変えた王子さまに

そんなに好きなら、その本は、きみのものだ

でも、おじさん。

いいから。

まあ、ありがとう。ありがとうございます。

ほら、あの娘が行くわ
本当に変わった女の子
あの娘、大丈夫なのかしら

夢を見るようなぼーっとした顔をして
鼻はいつも本に埋まってる

私たちの謎、それはベル

まあ、ねえ、これすばらしくない?
私の好きな部分なの、あのね、ここで彼女はプリンス・チャーミングに会うの。
でも、第3章にならないと、彼だとわからないの。

あの娘の名前が、ベルというのも当然ね。
あんなにきれいな娘はほかにいないから。

でも、きれいな顔してるけど
ちょっと変だぜ

私たちと本当に違う
私たちとは全然違う
本当だ、私たちと違うのは、ベル。

狙いをはずさないんですね、ガストンさま。あなたは、世界で一番うまい猟師だ。

わかってる。

あなたにかかればどんな野獣もいちころ。それは女の子についても同じ。

確かに、ルフー、俺さまは、もう目をつけている女の子がいるんだ。

発明家の娘?

そう、彼女だ。彼女は、俺さまが結婚する、ラッキーな娘さ。

でも、あの娘は、

この街で一番器量よしの娘さ。

確かに、でも

だから彼女はベストだ。そして、俺さまはベストなものを持って当然だろ?

もちろんです。

彼女に会ったその瞬間から、なんてきれいだと言ったんだ、そして好きになった。この村で、俺様と同じぐらいきれいなのはあの娘だけ。だから口説いて結婚するつもりなんだ。

見て、彼が行くわ
夢のような人じゃない?
ガストンさま
ああ、彼ってとってもキュート
私のハートよ、落ち着いて
息ができないわ
彼って、とっても背が高くて、色が浅黒くて、強くて、ハンサムで野生的。

ボンジュール
すみません
おはよう
でも、そうよ。
これがベーコンだって?
なんておいしそうなグレープ
チーズを少し
10ヤード
1ポンド
ちょっと失礼
ナイフを取ってくる
通してください
その魚を
このパンを
くさいわ
これ古いわ
とんでもない
きっとそうよ

こんあ田舎の街の生活より、もっとほかに何かあるはずよ。

見ていてくれ。ベルを妻にしてみせるから。

ほら、あの娘が行く
変わっているけど特別な少女
もっとも奇妙なお嬢さん

残念だし、罪だわ

この街に溶け込んでいない

だって彼女は本当に奇妙な女の子
きれいだけど、変わった娘
本当に、奇妙な少女
あのベルは!

ボンジュールX6

ベルの好きな本

この歌から、ベルは本を読むのが好きで、かわりばえしないこの街には退屈していて、他の人と同じようにはしない、とてもきれいな女性だとわかります。

だからこそ、野獣を好きになることもある、という設定なのでしょうか。

青い服を着ているのはベルだけです。

それにしても、街の人、ベルが変わり者だとしつこいまでに言ってますね。たぶん保守的な街なのでしょう。

ベルが、読んで返した本は、『ジャックと豆の木』

2回も借りて、また借りたお気に入りの本は、『眠れる森の美女(スリーピングビューティ)』だと思われます。

関連記事もどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました