あらすじ

エピソード

第13話 La fugue d’Isabelle (イザベルの失踪)

タツノコプロのアニメ、『シンデレラ物語』第13話のあらすじです。 家出するイザベル シャルル王子が自分につれないので、頭に来たイザベル(ザラール公爵の一人娘)は、王子を心配させるために家出をすることを思いつきます。 書き...
グリム童話

踊る12人のおひめさま(グリム兄弟、1857)のあらすじ。

グリム童話から、『踊る12人のおひめさま』のあらすじを紹介します。毎晩、ダンスをして靴をぼろぼろにするおひめさまの登場する話です。 超簡単な要約 忙しい人用1行のサマリー:ある兵士が、夜な夜な、どこかで踊っている12人のおひめ...
アンデルセン童話

火打ち箱(アンデルセン、1835)のあらすじと感想。

アンデルセンがはじめて出した童話集の一番最初の話、『火打ち箱』のあらすじを紹介します。デンマーク語では、Fyrtøiet、英語は The tinderbox(tinder-box)。 tinderboxは、火をつけるための道具です。 ...
エピソード

第12話 Réception au château(お城の歓迎会)のあらすじ。

アニメ『シンデレラ物語』第12話のあらすじを紹介します。この回のタイトルは、Réception au château です。 出会いのためのパーティ シャルル王子が結婚に興味を示さないので、国王と女王は、息子が花嫁を見つけるこ...
アンデルセン童話

裸の王さま(アンデルセン、1837)のあらすじ。

アンデルセン童話から、『裸の王さま』のあらすじを紹介します。デンマーク語のタイトルは、Kejserens nye klæder で、これはGoogleの翻訳によれば、「皇帝の新しい服」です。英語のタイトルは、そのまま、The Empero...
その他の物語

ジャックと豆の木(イギリスの伝承童話)のあらすじ。

イギリスの伝承話、Jack and the Beanstalk (ジャックと豆の木)のあらすじを紹介します。この童話が初めて文字になったのは、1734年ですが、いろいろなバージョンがあります。 もっともよく知られている、Joseph...
アンデルセン童話

エンドウ豆の上に寝たお姫さま(アンデルセン、1835)のあらすじ。

デンマークの童話作家のハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805-1875)の本、『 子どものための童話集、 第1冊』に収録されている、『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』のあらすじを紹介します。 原文はデンマーク語で、読めないので英...
グリム童話

小人と靴屋(グリム兄弟、1857)~3種類の小人

グリム兄弟の童話から、『小人と靴屋』を紹介します。『靴屋の小人』『小人の靴屋』と訳されることもあります。 もともとのタイトルは、Die Wichtelmänner で、これは、ドイツ語で「小人たち」です。 このタイトルで、第1...
グリム童話

かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ(グリム兄弟)のあらすじ

グリム童話集の一番最初の話である、『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』のあらすじを紹介します。 先頭に持ってくるのにふさわしい、おもしろい話です。 簡単な要約(時間のない人用) 泉に落とした金のボールを取ってきてく...
エピソード

第11話 Une belle histoire d’amour (美しい愛の物語)

タツノコプロのアニメ、『シンデレラ物語』の第11話のあらすじを紹介します。 ロールとニコラ この回のタイトルは、Une belle histoire d'amour(美しい愛の物語)ですが、男爵の娘、ロールとバイオリニストのニ...
タイトルとURLをコピーしました