グリム童話

アシェンプテル(2011)の感想。

2011年12月25日にドイツで放映されたテレビ映画、Aschenputtel(アシェンプテル)をフランス語の吹替えで見たので感想を書きます。 アシェンプテル はドイツ語でシンデレラのことです。 これまで、見たシンデレラの実写で、一...
シンデレラ

シンデレラ ~魔法の木の実~(1973)の感想。

チェコの映画(実写)のシンデレラを見ましたので、感想を書きます。オリジナルのタイトルは、Tři oříšky pro Popelku(シェオリイスケプロポぺルク?)で、直訳すると、「シンデレラのための3つのナッツ」。Popelkuはチェコ...
エピソード

第4話 Le Cheval (馬)

アニメ『シンデレラ物語』第4話のエピソードのあらすじです。 謎の少年を探すサンドリヨン 継母に王子の側近の少年を家につれてこいと言われ、サンドリヨンは、名前も知らない1度会っただけの少年を探しに街に行きます。しかし彼はどこにも...
映画のレビュー(一般)

A Prince For Christmas (クリスマスのプリンス)(2015)の感想。

夏なのに、クリスマスムービーを見ました。意外とおもしろかったので感想を書きます。2015年の11月25日にアメリカのStarzというケーブルテレビのチャンネルで放映されたテレビ映画です。 クリスマスのプリンス、予告編 ...
ペロー童話

シンデレラ(ディズニーの実写版、2015)の感想

2015年に公開されたディズニーの実写版のシンデレラを見ましたのでざっと感想を書きます。まず予告編をごらんください。 シンデレラの予告編 この予告編、うまく物語のポイントをおさえていて、だいたいこの順番で話が進みま...
ペロー童話

サンドリヨン/アシェンプテル(2010)の感想。

ドイツのテレビ映画、アシェンプテル(Aschenputtel または Assepoester)を、フランス語の吹替えで見ました。2010年の12月24日にドイツで公開された作品です。 この映画、大傑作とはいいませんが、まあまあ楽しいシンデ...
エピソード

第3話 Le menteur(うそつき)

アニメ『シンデレラ物語』の第3話のあらすじを紹介します。この回のタイトルは、Le menteur です。意味は、「うそつき」。 謎の少年の正体は? 午後3時すぎ、エメラルド城では、若きシャルル王子が剣術(フェンシング)の練習中...
シンデレラ

イェ・シェン(中国のシンデレラ)のあらすじ(2・終)

9世紀に書かれた、中国のシンデレラ、イェ・シェン(葉限 しょうげん)のあらすじの続きです。 魚の骨に祭り用のドレスを頼む 若い男女の出会いの場であるお祭りが近づいていました。若い女性はみな、美しいドレスを着て、お祭りに出ること...
シンデレラ

イェ・シェン(中国のシンデレラ)のあらすじ(1)

9世紀に著されたYe Xian(イェ・シェン)という「中国のシンデレラ」と呼ばれる話のあらすじを紹介します。英語圏では、わりと有名で、アニメにもなっています。作者不詳です。 父親が亡くなり継母にいじめられる イェ・シェン 昔...
エピソード

第2話 Le concours(コンテスト)

アニメ『シンデレラ物語』第2話のあらすじです。この回のタイトルは、le concours。これは美人コンテストのことです。 美人コンテストを見に行くサンドリヨン フラワーフェスティバルの最終日、恒例の美人コンテストが行われまし...
タイトルとURLをコピーしました